残業代請求、労働基準監督署、あっせん…労働問題の相談、解決策

解雇・退職、パワハラなど職場の労働トラブル解決

ブラックにならない、ブラックにさせない~ブラック・バスターだからできます

企業秩序や経営を維持するための行動が思わぬことから、労働者との間でトラブルになることがあります。売上アップ、経営戦略の計画、実行に心を砕くべき経営者が、労働トラブルに時間を割いていては、会社にとっても経営者の心の健康にもマイナスです。

 

□退職した従業員から残業代請求の内容証明が送られてきた…。
□解雇した従業員から「解雇無効」「賃金支払い」の請求が…

□労働基準監督署から立ち入り調査の通知が届いた…
□労働局から「あっせん開始通知書」が届いた…

突然やってきた労働トラブルにお悩みの中小企業経営者に解決策を提供し、労基署調査やあっせんに同席して対応します。法律事務所、特定社労士研究会で研鑽を積んだ実証済みの解決方法があります。放置していれば、会社に数百万~1千万円単位の損害が起きかねません。


会社にとって最適な解決策が見つかります。

ご依頼いただければ、具体的な支援策として、

□解雇、残業代など従業員とのトラブル…面談に同席し、会社側の立場で対応します。

□労基署の調査…調査に同席し、法的に精査し、報告書を作成します。

□あっせん申立…代理人としていっしょに出席し、会社側の言い分を主張します。

□ユニオン(労働組合)対応…団交に同席し、きっちり対応します。

ので、ご安心ください。

「ブラック(企業)にならない、ブラック(従業員)にさせない」をモットーに、ブラックバスター労働トラブルの相談に応じ、解決をサポートします。
従業員からの労働トラブルの相談、依頼にも応じておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ・相談は、電話・メールでお気軽に。

電話は、092-419-2535まで。
メールでのお問い合わせは、こちらの相談専用フォームでどうぞ

(電話が込み合っていたり所員全員がほかの電話中で留守電になった場合は、再度お掛け直しいただくか、伝言をどうぞ)

 

労働問題・労働トラブルが万が一起きても、円満解決するのか、ブラック企業扱いされるのかでは、会社のイメージも従業員のモチベーションも大違いです。トラブルを解決に導くとともに、紛争予防のために、就業規則、メンタルヘルス・パワハラ対策などの整備に対応いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山本社会保険労務士事務所IBオフィス

〒812-0011福岡市博多区博多駅前1-15-20-2Fサーブコープ

(旧事務所所在地

〒810-0802福岡市博多区中洲中島町2-3-8Fデータ・マックス内)

 

      電  話 092-419-2535

      ファクス 092-791-1207

(社労士山本弘之専用電話・ファクスです。社会保険労務士には守秘義務が課せられていますので、お寄せいただいた個人情報は、社労士本人、専属秘書、専属スタッフ以外が知ることはありませんので、ご安心ください)

      営業時間 平日 午前9時~午後5時

     (昼休み12時~午後1時。

      土曜日曜・祝日はお休みさせていただきます)

 

Copyright © 山本社会保険労務士事務所IBオフィス All Rights Reserved.

電話か相談専用フォームからお問い合わせください。

電話番号はこちら→
092-419-2535

こちらからメールで相談予約できます→ 相談専用フォーム

2016年

3月

09日

執筆・講演活動

続きを読む

山本社会保険労務士事務所IBオフィス

山本 弘之

福岡県社会保険労務士会会員)

特定社会保険労務士
医療労務コンサルタント

介護労務アドバイザー


一般社団法人日本人事技能協会会員・認定人事コンサルタント

 

建設職人甲子園九州地区理事

 

厚労省委託事業・介護分野雇用管理改善コンサルタント(2016年度)

厚労省委託事業・職務評価コンサルタント(2016年度、2017年度)

厚労省委託事業・多様な正社員・無期転換ルールコンサルタント(2016年度)

福岡労働局最賃総合相談支援センターコーディネーター(2016年度)

 

患者の権利オンブズマン元専務理事
 

※2017年1月~事務所を移転しました。

【新事務所所在地】 

〒812-0011

福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2Fサーブコープ