2017年

6月

15日

産業保健関係助成金が拡充されました

助成金拡充のお知らせです。

拡充されたのは、産業保健関係助成金(厚生労働省の産業保健活動総合支援事業の一環)です。

ストレスチェック助成金(拡充)、職場環境改善計画助成金(新規)、小規模事業場産業医活動助成金(新規)、心の健康づくり計画助成金(新規)。

新規がこれだけあるのは、メンタルヘルス対策のために、職場環境改善に本気で力を入れてきたのがわかります

詳しくは、独立行政法人労働者健康安全機構のホームページをご覧ください。

問い合わせ・ご相談、提出代行・事務代理のご依頼は、電話・メールでお気軽に。

電話は、092-712-2772まで。
メールでのお問い合わせは、
こちらの相談専用フォームでどうぞ

続きを読む

2017年

4月

10日

60歳以上の従業員がいて、定年引き上げをご検討中の企業さまへのお知らせ

60歳以上で1年以上在籍している雇用保険被保険者がいる企業が、定年を65歳以上へ引き上げ等行った場合の助成金が5月1日から大幅変更(※)されます。

たとえば、「66歳以上への定年引上げまたは、定年の定めの廃止」を実施した場合の助成金額は、変更前では120万円です。

 

60歳以上で1年以上在籍している雇用保険被保険者がいる企業でで、定年引上げ等をご検討されている場合は、ぜひご相談ください。


主な要件は、

(1)労働協約又は就業規則により、次の[1]~[3]のいずれかに該当する制度を実施したこと。

 [1] 65歳以上への定年引上げ

 [2] 定年の定めの廃止

 [3] 希望者全員を66歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度の導入

(2)(1)の制度を規定した際に経費を要したこと。

(3)(1)の制度を規定した労働協約又は就業規則を整備していること。

(4)(1)の制度の実施日から起算して1年前の日から支給申請日までの間に、高年齢者雇用安定法第8条又は第9条第1項の規定に違反していないこと。

 

続きを読む

2017年

4月

05日

「諸手当制度共通化コース」新設~同一労働同一賃金・手当の整理に活用できます

同一労働同一賃金をめぐって、「働き方改革実現会議」が昨年(2016年)末、ガイドラインを発表し、いま労使の話し合いの一番の課題は、手当の整理ではないでしょうか。

 

正社員と非正規との間に差を設けることが合理的でない場合、同一の賃金・処遇をめざして取り組みやすいのが諸手当です。家族手当、住宅手当、通勤手当などが検討の対象になるでしょう。

手当を整理する際に活用できる助成金として、注目したいのが、「諸手当制度共通化コース」です。キャリアアップ助成金に新設されます。

 

省令案へのパブリックコメントが3月に募集されましたが、その時公表された省令案によれば、「諸手当制度共通化コース」の概要は、以下のとおりです。

 

●<概要>

有期契約労働者等と正規雇用労働者との共通の諸手当制度を新たに規定し、適用した場合等に助成するもの。

●<支給額>

1事業所当たり38 万円〈48 万円〉(28.5 万円〈36 万円〉)

 

※()内は中小企業事業主以外の事業主の場合の額

※〈〉内は生産性の向上が認められる場合の額

 

2017年

4月

04日

助成金最新情報~2017年度(平成29年度)の新設・拡充・変更など(その2)

2017年度(平成29年度)に新設・拡充・変更された主な厚生労働省管轄の助成金(雇用関係の助成金)を順次紹介します。

 

(3)人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)

大幅な整理が予想されていたキャリア形成促進助成金は、人材開発支援助成金に名前が変更になりました。この助成金も、生産性が向上した企業の助成率または助成額が引き上げられます。

 

訓練コースも制度導入コースも、大きな変更があります。

制度導入コースでは、事前のアナウンスどおり、教育訓練・職業能力評価制度は廃止されました。セルフキャリアドックと教育訓練休暇等の「キャリア形成支援制度導入コース」と、技能検定合格報奨金制度などの「職業能力検定制度コース」の2つに大くくりにされました。

訓練コースも、細分化していたコースが「特定訓練コース」と「一般訓練コース」の2つに再編されました。とくに、重点訓練コースの「成長分野等」が見直されました。もともと成長戦略という厚労省以外からの関係もあって、成長分野等に該当するかどうかがわかりにくかったので当然かもしれません。わかりやすくなりましたが、昨年度までは成長分野等に該当すると補助率が引き上がったので、それがなくなったのは寂しいですね。
「特定訓練コース」は助成対象時間の要件が「20時間以上」から「10時間以上」に緩和されました。支給限度額も1,000万円になり、使い勝手が良くなった感じがします。
また、労働生産性の向上に直結する訓練が新設されましたので、ここでも「生産性向上」が今年度のキーワードだとわかることでしょう。


(4)65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)

65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)の助成額と対象経費が5月1日から変更される予定です。助成額は、上限が増額されると同時に、定年年齢の引き上げ幅などに応じて、細かく設定されるようになります。ご利用を予定している事業主の皆さまは、支給申請日にご注意ください。

2017年

4月

03日

助成金最新情報~2017年度(平成29年度)の新設・拡充・変更など(その1)

厚生労働省管轄の助成金(雇用関係の助成金)の2017年度(平成29年度)の新設・拡充・変更が4月3日、厚生労働省のホームページに公開されました。

すでにご覧の方も多いと思いますが、主な新設・拡充・変更を紹介します。

(1)生産性要件の増加

大きな特徴は、生産性要件を設定した助成金が増加したことです。生産性が向上した企業の助成率または助成額が引き上げられるのはメリットですが、生産性要件を満たさないと、助成率または助成額が下がるケースもあります。

 

(2)勤務間インターバル導入コース

次に注目の助成金としては、すでに公開されていた職場意識改善助成金の勤務間インターバル導入コースです。最大上限50万円ですので、「勤務間インターバル」が「働き方改革」の一環として重視されていることの現れです。

 

どのような取り組みをするのかというと、「労務管理担当者に対する研修」や「労働者に対する研修、周知・啓発」などに取り組み、勤務と勤務との間(退勤時刻と次の出勤時刻との間)の休息時間数を「11時間以上」または「9時間以上11時間以上」の「勤務間インターバル」を導入するというのが、主な内容です。取り組みの実施にかかった経費の3/4の助成があります。

たとえば、「11時間以上」の「勤務間インターバル」を「新規導入」したなら、助成金の上限は50万円。

 

4月3日に事業実施承認はスタート。支給対象事業主数は予算額に制約されていますので、早くも申請書を出された会社もあるのではないでしょうか。当事務所でも、すでにこの助成金の申請について多くの相談、依頼を受けているところです。


(つづく)

  

【生産性要件が設定された助成金】

 (再就職支援関係)

 ○労働移動支援助成金

   早期雇入れ支援コース、人材育成支援コース、移籍人材育成支援コース、中途採用拡大コース

(雇入れ関係)

  ○地域雇用開発助成金

   地域雇用開発コース

(雇用環境の整備関係)

   ○職場定着支援助成金

   雇用管理制度助成コース、介護福祉機器助成コース、保育労働者雇用管理制度助成コース、介護労働者雇用管理制度助成コース

   ○人事評価改善等助成金

   ○建設労働者確保育成助成金

   認定訓練コース、技能実習コース、雇用管理制度助成コース、登録基幹技能者の処遇向上支援助成コース、若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース、女性専用作業員施設設置助成コース

   ○65歳超雇用推進助成金

   高年齢者雇用環境整備支援コース、高年齢者無期雇用転換コース

(仕事と家庭の両立関係)

   ○両立支援等助成金

   事業所内保育施設コース、出生時両立支援コース、介護離職防止支援コース、育児休業等支援コース、再雇用者評価処遇コース、女性活躍加速化コース

(キャリアアップ・人材育成関係)

   ○キャリアアップ助成金

   正社員化コース、人材育成コース、賃金規定等改定コース、諸手当制度共通化コース、選択的適用拡大導入時処遇改善コース、短時間労働者労働時間延長コース

   ○人材開発支援助成金

   特定訓練コース、一般訓練コース、キャリア形成支援制度導入コース、職業能力検定制度導入コース

(最低賃金引き上げ関係)

 ○業務改善助成金

2017年

1月

09日

働き方改革・同一労働同一賃金を生産性向上と人材確保に活かすには…

安倍首相が議長の働き方改革実現会議や、同一労働同一賃金の実現に向けた検討会の動きは、同一労働同一賃金ガイドライン案の公表によって一区切りがつき、今後、民間、労使での取り組みが本格的になるでしょう。

 

また、無期転換ルール対応もタイムリミットが近づいています。

 

大きな方向として、正社員と非正規の格差を是正し、働く人たちがワーク・ライフ・バランスを実現でき、企業が優秀な人材を確保・定着できるために、労使双方のニーズに合致した多様な働き方の実現に進んでいくように思えます。

 

ガイドライン案を踏まえた取り組みや均衡待遇を図るには、職務分析・職務評価、多様な正社員導入・無期転換ルール対応などが重要です。

 

当事務所代表社労士は、職務評価コンサルタント、多様な正社員・無期転換ルール対応支援コンサルタント、介護雇用管理改善サポーター(アドバイザー)など、厚労省等の委託事業でコンサルタントを務め、のべ100社以上の相談・支援の実績があります。

 

また、日本人事技能協会認定人事コンサルタントの資格を持ち、「やる気と能力を引き出す人事。」をモットーに、人と組織が戦略的に機能する人事制度づくり、運用をサポートしています。

 

厚労省では、無期転換ポータルサイト、パート労働ポータルサイト、短時間正社員制度導入ナビ、働き方・休み方改善ポータルサイトなどを用意し、情報提供していますので、ぜひご活用ください。

 

無期転換ポータルサイト

パート労働ポータルサイト

短時間正社員制度導入ナビ

働き方・休み方改善ポータルサイト

 

 

続きを読む

2017年

1月

06日

名前で呼ばれる左官職人!建設職人甲子園1月例会

建設職人たちが「10年後もこの業界で、共に笑っていたい」という願いで、建設職人業界の魅力を伝え、活性化させるため、仲間と共に学び、語り合う場としてスタートさせた建設職人甲子園九州地区の取組が2年目を迎えました。建設職人甲子園では、例会を毎月開催しています。


2017年新年の第1回となる1月は、左官職人の伊藤辰哉さんにお越しいただき、「名前で呼ばれる左官職人の秘訣!!青森から沖縄まで全国で活躍」をテーマにお話しいただきます。

 

ご参加いただければ、幸いです。申し込みは、案内チラシをダウンロードして、当事務所までファクスするか、メールでご連絡いただけますよう、よろしくお願いします。

 

◇1月例会

日時:1月14日(土)午後6時30分~午後8時30分

(受付午後6時~)

会場:アクア博多 E会議室(福岡市博多区中洲5-3-8)

参加費:2,000円

 

懇親会 「匠のみ」

日時:1月14日(土) 午後8時30分~

場所:灯火 TOUKA(福岡市博多区中洲5-2-3松居一番館ビル8F)

参加費:4,000円

 

【伊藤辰哉さんプロフィール】

★1969年福岡生まれ。珪藻土の塗り壁専門の左官職人。

★本拠地は福岡にあるが、日本中から依頼があり全国を奔走している。

土を愛し大地の恵みに感謝して住む人の健康のために

呼吸する家づくりにこだわり、「家」本来のあるべき姿を

塗り壁を通して伝え続けている。

★講師業績

・鹿児島県 (株)深野木組 塗り壁体験会

・福島県  (株)アクアス 珪藻土勉強会

・福岡市  ナチュラルカフェベジガーデン 珪藻土セミナー

・太宰府市 (株)エヌエイホーム 珪藻土体験会

 

続きを読む

2017年

1月

01日

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます。

 

旧年は格別なご交誼をいただき、誠にありがとうございました。
皆様にとって、本年が良い年となりますことを心から願っております。

2016年は、一般社団法人日本人事技能協会「人事のプロ養成講座」に合格し、認定人事コンサルタントとなり、事業の健全な発展と労働者福祉の向上をサポートする総合力を高めました。

2017年も引き続き、『従業員のやる気と能力を引き出す人事。』をモットーに、経営者のパートナーとして、企業と従業員が目標に早く到達できるように、「人と組織」づくりをサポートします。

働き方改革、ワークライフバランス、同一労働同一賃金、長時間労働是正、多様な正社員と無期転換ルールへ、国と経済団体、社会が動き出しています。「働きやすさ」「働きがい」のある職場を作り、人材(労働力)のパフォーマンスを極大化することによって、売上と利益の増大、事業の健全な発展に貢献していく所存ですので、何卒よろしくお願いします。

 

新年の営業は、1月4日を仕事始めとさせていただきます。

2016年

12月

11日

ガンダム大工・土山康徳さんが大工の魅力を語るく

建設職人甲子園12月例会で、ガンダム大工の土山康徳さんが大工の魅力を語りました。(写真左。右手後ろにあるのは、土山さんが造ったガンダムMk-Ⅱ)

木工ガンダムにつては、現場で出るヒノキの廃材で、何かできないか…。そんな時、結婚してからガンダムのプロモデルを数多く作っていて、何千体にものぼり、お金もかかっていたので、ガンダムを造ってみようと思ったのがきっかけだそうです。(ちなみに、連邦軍派とのこと)

 

 

ガンダムで盛り上がったところで、本題の大工職人とは。

土山さんは「現場が片付いていて、丁寧な仕事で、工期内にやり遂げるのが目標」と語りました。

 

3年前、電動ノコをもったまま、屋根から転落。入院4か月、自分では回復して復帰する気満々だったが、周りからは再起不能だろうと思われた。復帰するまで数か月、復帰してからも痛みがあった。家族、会社に迷惑をかけたので、恩返しするためにも、頑張っている。

 

大工職人のブランディングとは、「三つの目標を実行していき、自分の仕事を見てもらう」と、最後まで実直な性格のまま話されていたのが印象的でした。

 

大工職人の未来では「現場に、三十代はいるが、二十代は本当に少ない。仕事はきついが、一人前になれば、やりがいあり、面白い仕事。若い人には、何年か辛抱して、大工をめざしてほしい」と、若い世代にメッセージを送りました。

その後、懇親会「匠飲み」で夜が更けました。

2016年

12月

09日

年末年始のお知らせ

本年もご愛顧たまわり、ありがとうございます。

 

人と組織が育ち、成果が挙げられる会社をサポートする当事務所としては、ILOの提唱する家族的責任を果たすとともに、ワーク・ライフ・バランスの実現に率先して取り組むためにも、年末年始の休業させていただきます。

  年末年始休業期間は、12月30日(金)~2017年1月3日(木)となっております。営業再開は、1月4日です。

 事務所の休業期間中は、保養し体力知力をフル充電し、人と組織を機能させる人事労務の業務内容のレベルアップをめざしますので、何卒ご容赦いただけますよう、よろしくお願いします。

新年2017年が皆様にとって良い年でありますよう、心から願っております。なお、新年1月5日はムーチーになっております。寒さ厳しい折、お体を大切になさってください。

2016年

12月

09日

大工職人のブランディング術!ガンダム大工・土山康徳さん登場~建設職人甲子園12月例会のご案内

建設職人甲子園12月例会が12月10日、福岡市であります。

今回の「匠」は、木材でガンダムを制作し、西日本新聞に取り上げられ話題となった異色の大工さん、土山康徳さんが登場します。「なぜガンダムを造ったのか?「大工さんの将来ビジョン」などをお話を聞きます。

例会では、毎回、「匠」をお呼びして、お話をうかがいます。会員でなくても、一般参加も大歓迎。


詳細は、案内チラシをご覧ください。

【日時】2016年12月10日(土)開会・午後6時30分(受付・午後6時~。終了・午後8時30分)。

【会場】ももちパレス第2研修室。

参加費2000円。

※終了後、西新近くで懇親会「匠飲み」があり、建設職人の職人魂がたっぷり聞けます(懇親会費4000円)。


私も、建設業界の発展、建設職人の魅力拡大のために、正会員・理事オブザーバーとして、建設職人甲子園を応援しています。参加ご希望の方は、ぜひお問い合わせください。

 

続きを読む

2016年

11月

15日

空間デザイナー原田啓二氏が語る商業施設デザインの流儀~建設職人甲子園11月例会のご案内

建設職人甲子園11月例会が11月19日、福岡市であります。

例会では、毎回、「匠」をお呼びして、お話をうかがいます。会員でなくても、一般参加も大歓迎。

今回の「匠」は、空間デザイナーの原田啓二さん。「竹乃屋」電気ビル北館の基本設計・設計監理など、「人が喜ぶ」「人が笑う」「人が楽しむ」商業施設デザインの流儀を対談形式でお聞きします。

詳細は、案内チラシをご覧ください。

【日時】2016年11月19日(土)開会・午後6時30分(受付・午後6時~。終了・午後8時)。

【会場】ももちパレス第2研修室。

参加費2000円。

※終了後、懇親会「匠飲み」があり、建設職人の職人魂がたっぷり聞けます(懇親会費4000円)。


私も、建設業界の発展、建設職人の魅力拡大のために、正会員・理事オブザーバーとして、建設職人甲子園を応援しています。参加ご希望の方は、ぜひお問い合わせください。

続きを読む

2016年

10月

26日

シャボン玉石けんに潜入(注・見学のことです)

某月某日、シャボン玉石けん工場の心臓部、けん化釜のフロアに潜入してきました。残念ながら、セキュリティが高く、釜炊き職人が石けん素地の出来具合をなめながら確認する姿を写真に収めることはできませんでした(本当は、10月24日、見学してきただけです。また、写真はすべて許可を得て撮影したものです)。

 

シャボン玉石けんでは、石けんと合成洗剤の違いの説明を受けました。

 

表示を見ればわかるそのことでした。

・薬機法では、石ケン素地かラウレス硫酸Naか。家庭用品品質表示法では、純石けん分か界面活性剤か。

 

ほかにも、石けんについて大変勉強になり、シャボン玉石けんがますます好きになりました。娘が保育園の頃から、アレルギーだったので、シャボン玉石けんベビー用を愛用しています。

続きを読む

2016年

10月

22日

建設職人甲子園11月例会が11月19日開かれます

建設職人甲子園11月例会が11月19日、ももちパレスで開催されます。

 

今回のテーマは、「人が喜ぶ」「人が笑う」「人が楽しむ」商業施設デザインの流儀。講師は、空間デザイナー原田啓二氏です。

 

日時:11月19日午後6時30分~午後8時

会場:ももちパレス

参加ご希望の方は、下記PDFをダウンロードして、建設職人甲子園九州事務局までファクスでお申し込みください。

続きを読む

2016年

10月

21日

助成金が拡充・新設されました(2016年度補正予算)

2016年度補正予算成立によって、予定されていた拡充・新設の助成金が姿を現してきました。助成金は返済不要、要件に該当すれば受給できますので、ぜひご活用ください。

 

キャリアアップ助成金、両立支援等助成金、キャリア形成促進助成金の3つにとくに注目しています。

 

キャリアアップ助成金では、短時間労働者の就業促進のための支援策が10月1日から拡充されています。

○短時間労働者の週所定労働時間を25時間未満から30時間以上に延長し社会保険を適用した場合1人当たり20万円(中小企業の場合)

○短時間労働者の週所定労働時間を5時間以上延長し社会保険に適用した場合1人当たり20万円(同)

また、すでに始まっていた加算ですが、処遇改善コースの賃金テーブル改定では、職務評価を行うと20万円の加算が行なわれます。

 

人材不足のなか人材確保・定着をすすめるために、パートの均等均衡待遇も大切です。職務評価は、従業員の納得感、処遇の透明性を高め、働きがい・働きやすい職場環境に貢献し、生産性・売上アップにも効果があります。

厚労省委託事業の職務評価・職務分析コンサルタントを務めていますので、ぜひご相談ください。

 

2つ目の両立支援では、介護離職防止支援助成金が事前のアナウンスどおり創設されました(介護支援取組助成金は廃止)。昨年10月に新設された女性活躍加速化助成金も、引き続き活用したい助成金の1つです。

 

3つ目のキャリア形成ですが、10月19日から、保育事業を営む事業主への助成が拡充されました。詳細は、後ほどお知らせします。助成金だけでなく、すでに企業主導型保育もありますし、保育へのさまざまな支援が広がりそうです。

 

 

ほかにも、職場定着助成金(個別企業助成コース)で、保育事業を営む事業主への助成が10月19日、拡充されました。詳細は、後ほどお知らせします。
また、65歳超雇用推進助成金が新設されました。制度の概要は、1年以上継続して雇用されている 660歳以上の雇用保険被保険者が1人以上いて、定年年齢を65歳以上に引き上げると100万円支給するというものです。受給するための詳細な要件がありますので、取り組む際には、ご確認・ご相談ください。

2016年

10月

13日

介護労務管理研修をぜひご活用ください

介護保険事業者のための労務管理研修が10月、福岡県内5会場で開催されています。福岡県社会保険労務士会の介護労務アドバイザーによる研修会・個別礎無料相談会です。

 

人材が確保でき、定着できる組織になるためのヒント、処遇改善加算の注意点、介護事業所にお薦めの助成金の情報など、介護労務アドバイザーだから持っている知恵で人事労務の悩みにおこたえします。

また、2012年の介護保険法改正によって、重大な労働基準法違反は介護事業の指定が取り消されることになりました。多くの介護事業所が驚きと衝撃を受けたことでしょう。しかし、対策はきちんとすすんでいるでしょうか。研修会では、労働基準法の基礎知識、就業規則のポイントをしっかりつかんでいただくプログラムになっています。

人材が定着し、職員の主体性のある組織になるには、職員の処遇改善とともに、「働きがい」と「働きやすさ」を基軸とした雇用管理の方向から取り組みが効果的です。「働きがい」と「働きやすさ」という観点から、人事制度や雇用環境、職場の人間関係をとらえ直し、強い組織づくりを図ることが、働き続けられる職場づくり、利用者に喜ばれる(選ばれる)介護事業者につながると思います。

 

福岡市内2会場(九州ビル、ももちパレス)、久留米ビジネスプラザでは、私(※)も相談員として、お悩みにおこたえします。一人でも多くの皆さまのお役に立ちたいと思いますので、ぜひご参加ください。

※福岡県社会保険労務士会介護労務アドバイザー、厚労省委託「介護雇用管理改善推進事業」モデル調査コンサルタント(サポーター)を務めています。

お申し込みは、こちらをご覧ください。

続きを読む

2016年

9月

07日

福岡県最賃22円引き上げ、765円に!時給750円前後の会社なら9月中の活用がベストな助成金あります

福岡県の最低賃金が2016年10月1日から時給22円引き上げられ、時給765円になります(注)。(現行時給743円)

 

企業内の最低賃金が765円未満の場合、10月1日から765円以上に引き上げなければいけません。時給750円の会社や、時給750円で求人している会社も多いと思います。10月1日以降は、否が応でも賃上げせざるをえません。

 

(注)月給制の場合は、月給を1か月平均の所定労働時間で割った1時間当たり(時給換算)の金額で比較します。最低賃金には、精皆勤手当、通勤手当、家族手当、残業代(時間外労働・休日労働等の割増賃金)、賞与、臨時の賃金を含みません。 最低賃金は、正社員、パートタイマー・アルバイト・派遣労働者などすべての労働者に適用されます。

 

●業務改善助成金とキャリアアップ助成金のダブル活用を!

 

そこで活用してもらいたい助成金が、業務改善助成金とキャリアアップ助成金です。

 

業務改善助成金が8月24日改正(拡充・一部新設)されました。

 

たとえば、事業場内最低賃金が750円未満の場合で30円以上引き上げる中小企業・小規模事業者に対して、生産性向上のためにかけた設備・器具の導入や経営コンサル経費の7/10(企業全体で常時使用する労働者が30人以下の事業場は3/4・※1)を助成するという制度(助成の上限額50万円)です。

生産性向上のための設備投資とは…POSシステム導入、顧客・在庫・帳票管理システム導入、経営コンサルティング経費など(注・単なる経費削減のための経費、職場環境改善のための経費、パソコン、営業車両など社会通念上当然に必要となる経費は対象外です)

 

(※1)生産性要件を満たした場合は、3/4(30人以下の事業場は4/5)に補助率かさ上げ。

 

続きを読む

2016年

9月

01日

人事コンサルタント業務を本格的にスタート

戦略的に人と組織を機能させる人事政策コンサルタント業務を本格的にスタートしました。

いま、少子化・労働人口の減少で、人材は売り手市場です。「なかなか人を採用できない」「採用してもすぐ辞めてしまう」「育たない」「自主的に動かない」…。採用・退職・補充の繰り返しでは、採用コストはかなりの金額になります。

 

 事業成功の要素には、ビジネスモデルや財務力に加えて、社員個人個人の能力そのものの大きさや、その個人の持つ力を発揮できる仕組み(組織力)が大切です。会社の「社員にこうあってほしい・こう行動してほしい」と、従業員の「この会社で働けばこうなれる・自分はどうあればいいのか」をカタチにすることで、経営トップと従業員の「共通目的」を作り出せます。目的を共有するからこそ、売上を上げる、利益を上げる、いい商品・サービスを提供する、顧客満足度を上げるなどさまざまな事業目標の達成をめざして、従業員がやる気や自主性を発揮し協働する組織風土になります。

 

総務や経理を持っていても人事部という独立した部署を持つのが困難な中小企業にとっての、いわば「人事部」のアウトソーシングです。「人事のプロ」が、経営者のパートナーとして、人事政策を支援し、組織体制を構築することで、事業計画の達成に貢献し、経営課題の解決をお手伝いします。

2016年

8月

05日

夏季休業のお知らせ

日頃からご愛顧たまわり、ありがとうございます。

8月9日から夏季休業いたします(~8月14日)。営業再開は8月15日です。事務所の休業期間中は、保養し体力知力をフル充電し、ILOの提唱する家族的責任を果たすとともに、業務内容のレベルアップをめざしますので、何卒ご容赦いただけますようよろしくお願いします。

助成金等の書類作成、顧問先への提供資料作成、戦略的に人と組織を機能させる人事政策コンサルタントとして、人事ポリシー(人事理念、人事戦略、規律・行動ガイドライン)、人事実務(組織設計、採用・教育、人事制度、評価基準・評価制度、部署マネージメント)のスキルアップなどに集中的に取り組む予定です。

続きを読む

2016年

7月

15日

連休のお知らせ

当事務所は、人事制度全般と、雇用管理改善、働き方改革、生産効率アップを総合的に支援できるようスキルと体制を抜本的に改革しています。

ということで、まずは当事務所が働き方改革に着手するとととし、フランスをみならって、あす(7月16日)からプチバカンス休暇に入ります。業務再開は8月16日と言いたいんですが、そこは日本ですので、7月19日から再開いたします。(って、なんのこっちゃ、カレンダー通りただ休むだけじゃないか!)

連休となりご不便をおかけします。顧問先などが緊急のご用件の場合は、メール・携帯電話などでご連絡いただけますようよろしくお願いします。

 

2016年

5月

23日

2016年版ものづくり白書を閣議決定

先週末(5/20)、「ものづくり白書」が閣議決定され、発表されました。「ものづくりプラス企業」など、今後の方向性を考えるのに参考になる資料です。

厚生労働省部分では、生産性向上、人材育成、女性活躍などを関心持って読みました。

人材に関しては、

 

<製造業の労働生産性は、その水準も伸び率も全産業平均を大きく上回り、高付加価値化が進展している。人口減少下において、我が国経済を持続的に成長させるためには、労働生産性の向上が不可欠であり、高付加価値化に対応できる人材の確保・育成が重要>

続きを読む

2016年

5月

18日

『ニッポン一億総活躍プラン』、一億総活躍国民会議案を決定

首相官邸で5月18日、1億総活躍国民会議が開かれ、「ニッポン一億総活躍プラン」案を決定しました。

働き方改革の推進として、非正規雇用労働者の待遇改善や長時間労働の是正が具体的な施策として盛り込まれています。
非正規雇用労働者の待遇改善、最低賃金(全国加重平均)1000円、三六協定で健康確保に望ましくない長い労働時間(月80時間超)を設定した事業者への指導強化、三六協定のあり方そのものの検討、勤務間インターバル制度導入企業への支援策、女性活躍推進法の見直しなど、法改正、助成金等の拡充・新設が視野に入っている大改革を予感させます。

続きを読む

2016年

5月

18日

女性活躍行動計画、福岡県は最低の74.5%

●女性活躍加速化助成金(最大60万円)は中小事業主も対象です!

 


女性活躍推進法が4月1日に全面施行され、同法に基づく一般事業主行動計画の届出義務のある大企業(従業員301人以上)の4月末時点での届出率は全国で85%と高水準になりました。女性活躍が求められているなか、大企業の積極的な姿勢が反映したようです。

続きを読む

2016年

4月

21日

出ました!介護支援取組助成金(60万円)

出ました!

アベノミクス新三本の矢に合わせて、両立支援等助成金に新設された「介護支援取組助成金」です。定められた取り組みをすべて行えば、1企業60万円(1回のみ)支給するというものです。

 

2015年度に一番注目した女性活躍加速化助成金に続いて、1億総活躍社会の実現を強力に後押しする16年度もっとも注目できる助成金がこれです。

続きを読む

2016年

4月

19日

助成金、最新情報!4月1日から新設・拡充されました

厚生労働省の2016年度の助成金が、新設、拡充、統合され、いっそう活用しやすくなりました。(助成金テラスに、2016年度の最新情報を更新しました)

 

一例をあげますと、次のような新設・拡充があります。

 

●介護支援取り組み助成金※新設 60万円

●特定求職者雇用開発助成金 トライアル雇用と併用可能に

・母子家庭の母等を雇用した場合、トライアル雇用3カ月(15万円)プラス特定求職者雇用開発6か月(30万円)の併用可能に改正!

●高年齢者雇用開発特別奨励金 1年間最大70万円にUP

● キャリアアップ助成金 拡充・統合など

・正社員化コース:助成額の拡充が恒常化されました。(例:有期→正規 60万円)

・処遇改善コース:1人当たり→定額制になり、10人未満の小規模事業主はお得に!

 

ほかにも、

●三年以内既卒者等採用定着奨励金(既卒者を採用し1年定着すると1人目50万円受給、定着3年まで毎年10万円受給など)

●業務改善助成金(事業所内の最低賃金時給800円未満を60円引き上げた場合、POSレジなど生産性向上のために導入した設備などに上限100万円の助成)

●女性活躍加速化助成金

●職場環境改善助成金

など、「1億総活躍」を促進する助成金メニューが豊富にあります。助成金を活用して、従業員の採用、定着、育成を図る社長・個人事業主の方は、ぜひ相談ください。

 

※キャリアアップ助成金の「生活習慣病予防検診への助成」は廃止されましたが、3月末までに規定した場合は助成対象です。3月には2社さまから受任し、計画届を無事提出し、助成対象になりました。当事務所は改正情報にも感度良好です。

続きを読む

2016年

4月

04日

創業・第二創業促進補助金の募集が始まりました

創業・第二創業促進補助金の募集が始まりました。

 

▼関連リンク

・中小企業庁「平成28年度予算「創業・第二創業促進補助金」の募集を開始します

平成28年度創業・第二創業促進補助金サイト

2016年

4月

04日

雇用促進税制が延長されました

雇用を増やす企業を減税する「雇用促進税制」(税制上の優遇制度)が延長されました(2016年4月1日から2018年3月31日まで)。

事業年度中に雇用者(雇用保険一般被保険者)数を5人以上(中小企業は2人以上)かつ10%以上増加させるなど一定の要件を満たした事業主に対し、雇用者数の増加1人あたり40万円の税額控除が受けられます。(ほかにも、一定の要件があります)

事前に、雇用促進計画をハローワークに提出する必要があります(事業年度開始から2カ月以内)ので、お気軽にご相談ください。

▼関連リンク

・厚生労働省ホームページ雇用促進税制の延長

2016年

3月

19日

トラ イアル雇用奨励金と特定求職者雇用開発助成金の併用可能へ

2016年度予算案が年度内に成立することが確定し、各省庁では、4月からの準備が進んでいます。

 

厚労省の助成金では、予算案の概要を説明する公表資料で、ひとり親に対する就業対策の強化の中で、母子家庭の母等について、試行雇用から長期雇用につなげる道を広げるため、トラ イアル雇用奨励金と特定求職者雇用開発助成金の併用を可能とするとされています。

活用を検討中の方は併給を視野にして準備されたらいかがでしょうか。

 

また、厚労省は、「ハローワークのひとり親全力サポートキャンペーン」として、マザーズハローワークへ のひとり親支援専門の就職支援ナビゲーター等の配置や、ひとり親支援を行う NPO 法人との 連携による取り組みを強化するとしています。

 

2016年

3月

14日

【4/4】アジア情勢と中国経済の行方を国際政治経済のスペシャリストが語る~浜田和幸参院議員講演会のお知らせ

国際政治経済のスペシャリスト、浜田和幸参院議員が、激動するアジア情勢と中国経済の行方を語るプレミアム講演会が4月4日、福岡市で開かれます。(経営情報誌「I・B」プレミアム講演会、株式会社データ・マックス主催)

 

日本にとって隣国であり、世界・アジア情勢に大きな影響を与える中国の行方を抜きに、日本経済もアジア情勢も語れません。アジアの平和を考える市民の方々、ビジネスチャンスを探る経営者の方々、必聴の講演です。

 

浜田議員は、3月4日には、外国人技能実習生問題を参院予算委員会で取り上げました。経営労務に関わる専門家にとっても、浜田氏の講演は新たな発見とアイデアを得るチャンスになります。

 

参加ご希望の方は、当事務所までメールかファクスでご連絡ください。

 

【日時】4月4日(月)午後6時開場、午後6時30分開演

【会場】TKPガーデンシティ天神(福岡市中央区天神2-14-8、福岡天神センタービル8F)

【会費】5000円

 

※詳細は、下記のPDFファイルをご覧ください。

 

続きを読む

2016年

3月

14日

介護事業所・社会福祉法人への助成金拡充、補助金新規が国の資料で判明

介護事業所、社会福祉法人向けの助成金(拡充)、補助金(新規)の一部が、国の公表資料で明らかになりました。3月7日に開かれた全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議の資料が厚労省のホームページにアップされ、その中で示されました。

 

高齢者虐待に対する指導監督の問題でニュースになった会議ですが、いくつか注目した資料・情報がありました。今回は、助成金拡充と補助金新設を紹介します。

1つは、職場定着支援助成金です。(2016年度予算案で拡充)

 

介護労働者雇用管理制度助成が新設され、介護関連事業主が賃金制度を導入(賃金テーブルの設定など)した場合、50万円の助成、さらに離職率低下目標を達成した場合60万円を助成、そのうえさらに計画期間終了後、離職率が上昇しなかった場合90万円を助成と、満額で200万円という、国がとくに力を入れた内容になっています。

 

もう1つは、社会福祉法人の経営労務管理改善支援事業です。(2016年度予算案で新規) 

 

続きを読む

2016年

3月

13日

QBCビジネスチャンネルのTMエンタープライズ5周年レセプションに出席

顧問先の株式会社TMエンタープライズの5周年記念レセプションが3月10日、福岡市の日航ホテルで開かれ、出席しました。

(レセプションの様子は、同社の製作した動画コンテンツでご覧ください。

 

TMエンタープライズは、「街と企業を元気にする」を理念にして、新しい広報PR戦略の提案と、質の高い動画コンテンツ製作をしているオリジナリティあふれるユニークな会社です。
インターネット動画ニュースサイト「QBC九州ビジネスチャンネル」を運営している会社で、九州から世界遺産、糸島へ行こう、中央区みりょく再発見、輝く女性起業家プロジェクトや美人カレンダーで有名です。

テレビ局の第一線でニュース番組を制作してきたディレクターが持つシナリオ構成ノウハウを駆使して、クライアントのアピールしたいポイントに焦点を当てた、短くてわかりやすい映像を、低価格、短期間で、レスポンスよく製作し、ウェブサイトに掲載しています。

続きを読む

2016年

3月

13日

職場定着支援助成金の拡充の一部(概要)が明らかになりました

新卒採用者の3年間の離職率が製造業で約5割など、離職率をどうやって低下させるかが、業種を問わず大きな課題です。職場定着支援助成金が2016年度予算で拡充されると関係者の間で情報が伝わっていた拡充内容の一部が国の資料で明らかになりました。

公になった拡充内容の1つ目は、対象事業主の拡充です。

 

いままで健康、環境など重点分野等の事業主だけが対象だったのが、対象者の制限がなくなり、重点分野等以外にも拡充されることです。

今までも、関係者から「制限がなくなるようですよ」と言われていましたが、今回は厚労省主催の会議で厚労省が配布した資料ですので、間違いありません。

続きを読む

2016年

3月

10日

経営者のためのシンポ~タニタ式経営の秘密

福岡県社会保険労務士会が経営者の皆様に毎年おおくりするビッグイベントの時期がやってきました。

今年は、3月17日、株式会社タニタの創業ファミリーの谷田昭吾・タニタヘルスリンク元代表取締役を講師に迎えて、経営者向けシンポジウム「タニタ式経営の秘密~タニタを世界1に導いたコンセプトとは」を福岡市で開きます。入場無料です。

谷田昭吾氏は、営業、新規事業、新会社立ち上げなどに関わってきて、父・谷田大輔氏(タニタ前代表取締役社長)の最も近くでその経営学を学んだといわれ、タニタ式経営のコンセプトを経営者の皆様に披露していただけると期待しています。

【日時】2016年3月17日(木)午後2時~4時(1時30分受け付け開始)
【会場】福岡市中央区天神・エルガーラホール7F 中ホール

経営者以外の方、消費者・市民の参加もうけたまわっていますので、お気軽に参加お申し込みください。

 

お申し込みは、次のPDFをダウンロードして、福岡県社会保険労務士会にファクスしていただくか、当事務所にファクスしていただけますよう、よろしくお願いします。

 

続きを読む

2016年

3月

08日

介護施設に抜き打ち指導可能へ厚労省が指針改定の方針

全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議が3月7日、開催され、報道によれば、厚労省は虐待実態の把握へ、介護施設に抜き打ち指導できるように、定期実地指導の指針を改定し4月から実施すると伝えたとのことです。

 

厚労省「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議の開催について

 

2016年

3月

08日

介護キャリア段位制度で検討会開催へ、いよいよ報告書

介護キャリア段位のあり方について検討してきた厚労省の有識者会議が、3月14日、第5回検討会を開き、議題として報告書案を議論します。

 

第4回の検討会では、議論の整理案が示され、そこでは、

 

<介護事業所・施設が介護キャリア段位に取り組むことにより、介護事業所・施設にとっては、OJTを通じた職員の能力向上、気づきを通じた評価する側の職員の自覚の向上、評価基準の設定がサービス水準の維持向上やリスク管理のツールとなることなどのメリットがあるほか、職員にとっても、職場で何ができるか証明できること、スキルの向上や処遇改善の材料につながること等の職員にとってのメリットがあり、こうしたことが介護職員の定着や新規参入の促進につながることも期待されている>として、

 

<介護現場で働く職員、介護事業所・施設、介護サービスの利用者等の様々な関係者に対して受け入れやすい仕組みとなっているところ。 今後、介護人材の育成に取り組むに際し、こうした成果を活用していくことが求められる>

 

と、今後の活用を確認しつつ、

 

<・内部評価やレベル認定にかかる事務負担が大きく、時間を要すること

・外部評価の位置づけについて関係者の共通認識が確立されていないこと

・介護福祉士や認定介護福祉士との関係についてわかりやすい整理が必要であること>

が指摘され、各年度2万人程度のキャリア段位認定者の育成を目指すという目標が「過大」と受け止め、「介護サービスの質の維持・向上という観点からは、むしろより幅広い視点から人材育成のあり方について、今後、検討を行うべきではないか>

 

という認識を明らかにしています。

続きを読む

2016年

3月

02日

介護事業労務管理研修を修了しました

超高齢化社会が進み、政府は介護離職ゼロをかかげています。
介護事業の役割、医療機関と介護事業者との連携はますます深まっていくと思われます。
介護事業者の労務管理に特化した実務的な知識・能力の習得を目的とした社労士会連合会「介護事業労務管理研修」の伝達研修が2月18日開催され、受講・修了しました。

 

処遇改善加算の報告書の準備はいかがでしょうか。

職場定着支援助成金(介護福祉機器等導入への助成。導入費用の2分の1.上限300万円)をはじめ、活用できる助成金の申請は、まだ間に合います。介護分野の助成金は拡充されるという未確認情報もあり、予算成立後の動向が注目されます。

お気軽にご相談ください。

 

2016年

3月

01日

キャリアアップ助成金が拡充されました

キャリアアップ助成金が2016年2月10日改正で拡充されました。キャリアアップ助成金は、有期契約労働者等の人材育成や処遇改善、正規雇用等転換などを図る事業主にとって、活用しやすく魅力的な助成金です。いくつかのコースがあり、拡充も含めた主な制度内容をご紹介します。

改正・拡充部分の詳細は、次のリーフレットをご覧ください。

続きを読む

2016年

2月

22日

イオンモール香椎浜で労働・年金無料相談会

社労士会による労働問題、年金無料相談会が2月21日福岡市のイオンモール香椎で開催され、相談員を務めました。

 

社労士会の無料相談会は26人が相談に訪れ、無事終了しました。相談テーマは、年金15件をはじめ、賃金退職金、労働条件、解雇、就業規則など、どれも切実な内容でした。アドバイスが、円満解決に向けて、なんらかのお役に立つことを願っています。

 

 

社労士は、労働、年金の専門家(国家資格)です。社労士会・支部が年数回、福岡県内各地で無料相談会を開催していますので、ぜひご活用いただければ幸いです。

続きを読む

2016年

1月

17日

助成金ゲッター、3つの特徴

社会保険労務士が代表を務める当事務所は、他社の助成金申請サポートと大きく違う3つの特徴を持っています。


(1)御社の企業活動や労務上の課題などをヒヤリングして、実態に合った計画を策定します。
 助成金の多くは、さまざまな現状分析や計画策定が必要です。自社で分析、策定するのは、中小企業にとって面倒な手間のかかる業務です。取材記者で培ったヒヤリング・分析力で、会社の実態にぴったりの助成金をご提案し、計画案を策定します。


(2)計画案は、直面する企業活動や労務の課題の優先順位を見極め、会社にとって本当に必要な内容に絞り込みます

 助成金のために、本来取り組む必要のない活動をやるのは本末転倒。会社にとって本当に必要な助成金を見極めてゲット(申請)するので、取り組みそのものが人材育成や業務改善、働き方の改善に効果があり、なおかつ助成金をゲットするという一挙両得を図れます。

 

(3)取り組みの実施・達成のフォローアップが万全です。

 助成金の多くは、取り組みの実施や数値目標の達成してこそ、確実に受給できます。計画(案)策定時点から、取り組みの実施や数値目標の達成が、会社にとって本当に効果的なプランをつくりますので、無理なく実施や達成ができます。実施や達成への支援、実施や達成を証明する確実な資料作成など、社会保険労務士だからこそ

フォローアップも万全です。

助成金について、詳細はコチラをご覧ください。

お気軽にこちらまでお問い合わせご相談ください。

※助成金に関する初回相談料は原則無料です(相談内容によっては、規定の相談料をいただくことがあります)

2016年

1月

15日

非正規労働者世帯の2割、食事の回数減らした

非正規労働者が所得を稼ぐ中心である世帯の2割が、生活苦のためんい、食事の回数を減らしていることが1月14日、連合総研の調査でわかりました。(調査は、2015年10月実施)


また、「医者にかかれなかった」と答えたのは、8.5%でした。

世帯年収 200 万円未満では、「食事を減らした」は、25.5%、「医者にかかれなかった」は17.9%にのぼりました。 

賃金年収は、全体の97.8%が400万円未満、男性の58.0%、女性の 74.6%が 200 万円未満という結果でした。

 

▼関連リンク
・連合総研第2回「非正規労働者の働き方・意識に関する実態調査」(概要)



 

2016年

1月

07日

【1/28】福岡県など主催の建設業者向け雇用管理研修会

建設業の若者定着率向上をめざした雇用管理研修会が1月28日、福岡市で開かれます。主催は、福岡県、福岡県社会保険労務士会(協力・一般社団法人福岡県建設業協会)。参加費、テキスト代ともに無料。

受講された企業は、県の建設工事の入札参加資格審査で「地域後見活動の評価対象」になります。

【日時】2016年1月28日(木)午前10時~午後5時
【会場】福岡建設会館(福岡市博多区)


お申し込み・問い合わせは、一般社団法人福岡県建設業協会092-477-6731まで。

 

詳細は、下記のご案内リーフレットをダウンロードしてお読みください。

建設事業雇用管理研修会のご案内
建設事業雇用管理研修会20160128チラシ.pdf
PDFファイル 415.7 KB

2016年

1月

04日

新年おめでとうございます

 

 

 

新年おめでとうございます。

 

官庁に合わせて(?)1月4日から仕事始めで、顧問先企業さまの助成金申請の準備や労働局との協議など、新年らしい厳粛ななかで、フル活動しています。いいスタートを切りました。

 

 

 

 

 

<もう一度探し出したぞ。

 何を? 永遠を。

 それは、太陽と番った。

 海だ>(ランボー・堀口大學訳)

 

ジャパン・クールは、「菊と刀」を源流として、戦後民

主主義と平和主義によって昇華されました。

 

安保法制、TPP、貧困と格差、少子高齢化と勤労世代の減

少など日本社会が直面している危機は途方もなく大きく、

緊急事態条項と表現の自由の制限を可能とする憲法改正

が迫っています。今こそ、近代民主主義と市民社会を復

興させ、人類普遍の原理のうえに、人権と福祉国家を蘇

らせるときだと思っています。

 

日本品質と日本型経営も、近代民主主義と市民社会と融

合することによって、再生するときではないでしょうか。

 

今年も全力で対応します。

・やる気と能力をを引き出す労務管理

・ブラック従業員にさせない、ブラック企業にならない

・お薦めの助成金の申請代行

  女性活躍加速化(最大60万円)

  企業内人材育成推進(最大250万円)など

・風通しのいい企業風土づくり

・院長夫人、社長夫人のための労働トラブル110番

・問題従業員に対応できる就業規則

・労働トラブル(解雇、残業代、セクハラパワハラ…)

・今から間に合うマイナンバー

 

本年もよろしくお願いします。     2016年正月

2015年

12月

07日

デモの進化と表現の自由~福岡サウンドデモ裁判(2015年回顧第0回)

2015年も年の瀬を迎え、いかがお過ごしでしょうか。福岡は急に冷え込み、来週はまた暖かくなりそうで、これも地球温暖化の異常気象かと案じたりもします。ちょうどCOP21が開催され、気候変動対策は人類にとってまったなし。という今日この頃ですが、恒例の2015年回顧の第0回を兼ねて、福岡サウンドデモ裁判を振り返ってみました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 脱原発デモ、安保法案反対デモとデモが変わり、進化している。デモという、民主主義にとって不可分な「表現の自由」は、国民の多数意見に従いたくない権力者にとって邪魔な存在だろう。市民が自分の意図したデモを実施するうえで画期的な判決が確定した。


●意図したデモができるように教示する警察の義務


 「警察にデモの妨害をされたくない。次世代のために、デモにもっと自由を」と、弁護士を付けずに起こした本人訴訟が、大きな実を結んだ。「サウンドデモ」と呼ばれるデモをめぐって、「表現の自由」が行使できるようにするため警察官が負っている義務を示し、その義務に反したとして、福岡高裁(白石哲裁判長)が福岡県に損害賠償を命じた判断が確定したからだ。

続きを読む

2015年

12月

06日

毎週金曜夜は「教えて!社労士さん」

毎週金曜の夜(午後7時40分~)は、全国ネットラジオ番組「教えて!社労士さん」を聞いてみませんか?

ニッポン放送の全国ネット『今夜もオトパラ!』内で、社労士がマイナンバーや労務・人事のテーマで約10分間お話しする番組が12月4日スタートしました。(全国社会保険労務士会連合会プレゼンツ。2016年2月まで)


福岡は、KBC九州朝日放送が「KBC長浜横丁 bistro KATO」内で放送予定です。

毎週金曜の夜は、ラジオの周波数を、福岡1413KHz、北九州720KHz、大牟田1485KHzにぜひチェックしてください。

 

▼関連リンク

KBC九州朝日放送ラジオ番組表

2015年

12月

05日

「障害年金証書が届きました」

昨日(12/4)、うれしい知らせがありました。障害年金請求の依頼者から電話があり、「年金証書が届きました。ありがとうございます」。

 

お子さんを抱えて大変ご苦労されてきた方で、本当にうれしくなりました。返事をする私のほうが、声がうわずっていたかもしれません。

最善の努力を尽くし、事実関係をしっかり証拠資料で主張していたのですが、初診日や社会的治癒など、ハードルがいくつもあり、もしかすると駄目かもと思う事案でした。依頼者の障害に至った事情、今後の生活を考えると、そのときは不服申し立て(審査請求)をお薦めしようと思っていました。

 

今後の生活の経済的支えができ、ゆっくり治療に専念して、お子さんと一緒に幸せに暮らしてほしいと思いながら、行きつけのワインバーで1人で祝杯をあげました。

一方、大変腹立たしい行政の対応もありました。
地方自治体では、生活保護行政の「水際作戦」のように、申請に訪れた市民に対し、親身に手続きを教えず、追い返すことが多々あります。就学援助もその1つです。

 

まだまだ、日本は、官僚(木っ端役人、窓口の職員を含めてです)は「私が決められる」と思い上がっていると感じました。

(年金事務所では、そんなことは起きない、はずです。審査するのは窓口ではないからです。「水際作戦」で追い返したら、社会問題になります)

 

市民は行政や制度に精通していない一方、公務員には職務上、その制度の知識を持っていることが求められ、「実現可能性および実現手段について、法令に従って正しい情報を伝えるべき義務を負っている」(福岡地裁、サウンドデモ裁判判決。詳しくは、コチラ)。

 

それでも、市民が自分だけで手続きをするのは困難です。専門職として、これからもサポートして、喜んでいただこうと、酔った頭で考えたような気がします。

 

週末ですが、仕事に張り切っています。

 

2015年

12月

04日

歯科医に朗報!全自動の歯科用ジェット式器具洗浄機導入で、業務改善助成金100万円

歯科医に朗報です。業務改善助成金で「全自動の歯科用ジェット式器具洗浄機導入」が認められた事例を厚労省が公開しました。導入費用約147万円に対し、助成金100万円を受給した例です。


歯科クリニックのみなさま、この機会にぜひご検討してみてはいかがでしょうか。


お問い合わせ・相談は、電話・メールでお気軽に。

電話は、092-712-2772まで。
メールでのお問い合わせは、こちらの相談専用フォームでどうぞ


【業務改善計画概要】

歯科診療に使用した器具は、手作業で洗浄を行った後、滅菌機により滅菌を行っている。この手作業による洗浄は、刺傷切傷等を起こさないように十分注意しながら行わなければならないので、作業に多くの時間を要している」として、全自動の歯科用ジェット式器具洗浄機を導入し、「手洗いによる洗浄作業に比べて、1/4の時間で洗浄可能となり、確実な洗浄効果も得られる」というもの。

【賃金引上げ計画の内容】賃上げ対象者は1名で、時給を40円引き上げる。

【導入費用】1,469,800円(うち洗浄機469,800円)

【助成金の額】1,000,000円

2015年

11月

27日

(一社)社労士成年後見センター福岡設立~「サヨナラだけが人生だ」。幕間でお話しました

(一社)社労士成年後見センター福岡が設立され、11月19日福岡市内で開かれた設立記念講演会に出席し、幕間にミニ講演をさせていただきました。お話したのは、いつも同じ話で恐縮ですが、井伏鱒二の「ハナニアラシノタトエモアルゾ 『サヨナラ』だけが人生だ」という于武陵の「勧酒」を紹介して、顧問先にはサヨナラされては困るのですが、成年後見人にはご本人がお亡くなりになるのはつきものであり、人間の尊厳に相応しい最期のお見送りと、適正に後見事務を終了するよう心がけたいとお伝えしました。

記念講演会について、NETIB-NEWSに記事を書きましたので、詳しくは、こちらをお読みいただければ幸いです。

 

(一社)社労士成年後見センター福岡設立
 一般社団法人社労士成年後見センター福岡(木原美佐子理事長)の設立を記念した講演会と披露パーティが11月19日、福岡市内で開催された。同センターは、成年後見業務などを行う社会保険労務士が高齢者、障害者らが自らの意思で安心して日常生活を送れるように支援するために設立された。これまで福岡県社会保険労務士会内に設置されていたが、2015年10月に独立した一般社団法人となった。14年から家庭裁判所の依頼を受けて、成年後見人などの推薦を行っている。専門職による成年後見は、弁護士、司法書士、社会福祉士らが多くを占めているが、社労士が取り組みを本格化する。(続きはこちら

2015年

11月

21日

原中誠志県議の県政報告会に参加

11月19日は、原中誠志県議の県政報告会に参加しました。

原中県議は、民泊の旅館業法違反問題やセクストーション(性的脅迫)対策、特定外来生物アツアカスズメバチ対策など、現地調査結果や実態を踏まえた県議会質問の内容が光っています。人柄もあたたかく、毎朝の事務所前の掃除など、日常の市民としての行動も素晴らしい議員です。

この日は、原中県議は、県政報告と合わせて、「参院選挙が日本の政局に与える影響」について語りました。

2015年

11月

19日

建設業雇用管理研修会が12月18日あります

建設業の若者定着率向上をめざし、社労士による建設業者を対象とした雇用管理研修会が12月18日、福岡市・福岡建設会館であります。
研修受講企業は、県の建設工事の入札参加資格審査で地域貢献活動の評価対象(加点)になります。
【日時】2015年12月18日(金)午前10時~午後5時
【会場】福岡建設会館

(主催・福岡県、福岡県社会保険労務士会、協力・一般社団法人福岡県建設業協会)

※詳細・申し込みは、下記研修会ご案内・受講申込書をご覧ください。

※定員50人。申込期限は、研修会の10日前まで。

 

建設業雇用管理研修会ご案内・受講申込書
建設事業研修会チラシ20151218.pdf
PDFファイル 383.9 KB

2015年

11月

17日

11月18日はノー残業デー

日立にいた時、水曜日は健康デーといって、ノー残業の日だった。なので、飲食店は、夕方からお客の入りがほかの平日より多かった。もっとも、私が「いた」というのは、日立市に住んでいただけで、日立製作所の社員だったわけではなく、日立の社員をお客に迎える飲食店の側だったので、帰るのはいつも12時を回った頃だった。

福岡県では今年、11月18日が、一斉ノー残業デーとなっている。こういう日が取り組まれているのは、過労死等防止対策推進法で、11月が過労死等防止啓発月間とされ、過重労働キャンペーンの一環である。

効率の良い仕事、適切な労働時間など、大事な目的がいくつもあると思うが、まずは健康なからだ、家族や友人との時間が大切だ。経営者も従業員も、11月18日はぜひノー残業デーを試してほしい。

若い頃は、仕事が終わると「この一杯のために生きている」などといって、生ビールを飲んでいたものだが、最近はワイン。ショッカーを真似て、国内のワイナリーを制覇する野望に燃えています。私は、あすのノー残業で、ワイナリーを2社制覇するのを楽しみに、きょうは夜も仕事だ~!!


11月18日をノー残業デーにしませんか?
福岡県労働局作成のリーフレットです。ぜひご活用ください。
H27-NOzangyouday.pdf
PDFファイル 564.4 KB

2015年

11月

17日

最大60万円受給!おススメの女性活躍加速化助成金

<女性活躍加速化助成金>

取り組みを実施したら30万円申請可能、数値目標を達成したらさらに30万円申請可能!

1億総活躍の前に、今やるなら女性総活躍が断然お得です。

2016(平成28)年4月1日施行の女性活躍推進法。2015年10月、できたてホヤホヤの助成金です。301人以上の企業には、行動計画の策定、周知、公表が義務付けられました。300人以下なので、関係ないと思ったら、損します。ますます人材不足が進み、これからは、結婚退職や出産退職した女性スタッフに戻ってもらったり、辞めずに多様な働き方で働いてもらうのが大切です。

女性活躍を進めたい安倍政権だからこそ、生まれた助成金です。中小企業が女性活躍推進法に基づく行動計画を策定し、取り組んだだけで30万円支給申請が可能という、またとない内容です。数値目標を達成したら、さらに30万円の支給申請が可能になります。

※助成金の名称を事前に告知せず、「あなただけに教える」「お得な助成金セミナー」などの勧誘が相次いでいます。厚労省の雇用関係助成金はすべて公表されています。また助成金を受給するには、要件を満たす必要があります。厚労省の助成金申請を社労士以外が代行するのは違法の恐れがあります。厚労省の雇用関係助成金のご相談、診断は、国家資格の社労士にぜひご相談ください

女性活躍推進法にさきがけて今がチャンス!

続きを読む

2015年

11月

16日

おススメの企業内人材育成推進助成金(最大250万円の可能性)

企業内人財育成推進助成金>

企業内で従業員の積極性や目的意識を育てて、最大250万円の助成金の可能性があります

継続して人材育成に取り組む事業主に朗報です。

今年度から創設された「企業内人財育成推進助成金」は、研修費用の一部を助成する経費助成とはまったく違った画期的な助成金です。

中小企業、個人事業主なら、企業内で職業訓練や職業能力評価制度を導入して従業員に実施したり、従業員が目的意識を持って仕事に取り組む意識を高めるキャリアコンサルティングを実施したり、技能検定に合格した合格者に報奨金を出す制度をつくって支給した場合、最大250万円の助成金の可能性があります。

助成金を受給するには、要件を満たす必要があります。法人の場合、社会保険・雇用保険に加入している従業員が1人以上(個人事業主の場合、雇用保険に加入している従業員1人以上)、6か月以内に会社都合退職がいないことなどの要件があります。
※助成金の名称を事前に告知せず、「あなただけに教える」「お得な助成金セミナー」などの勧誘が相次いでいます。厚労省の雇用関係助成金はすべて公表されています。厚労省の助成金申請を社労士以外が業として報酬を得て代理するのは違法の恐れがあります。厚労省の雇用関係助成金のご相談、診断は、国家資格の社労士にぜひご相談ください 

従業員の積極性、目的意識の継続した育成を応援!

続きを読む

2015年

11月

01日

山田正彦元農相にTPPアトランタ報告をお聞きしました

対馬から福岡に立ち寄った山田正彦元農相・弁護士に、TPPについてインタビューしました。山田さんは、閣僚会合の開かれたアトランタ現地での急転した裏舞台など生々しい話を交えて、「大筋合意」の正体を話して、「大筋合意、した、した詐欺だ」と述べ、日本政府はTPPが決まったかのように言うが、そう簡単ではないこと、来年夏の参院選での野党共闘の必要性などを語りました。本番はこれからです。

TPP大筋合意アトランタ現地報告(1)~山田正彦元農水相

2015年

10月

26日

ライジング福岡、真庭城聖選手を応援

マニーを応援しています!!

 
スラムダンクでは、それほどのめり込まなかったバスケに、黒バスではハマってしまいました。
それからずいぶんたちましたが、異業種交流会「大志会」で、ライジング福岡のマニーこと、真庭城聖選手とお会いするチャンスを得ました。

ピンとくるものがあったのでしょう。その場でファンになり、ファンクラブにも加入へ。


2015年

10月

19日

博多駅前広場で社労士会無料相談会~労働トラブルや年金相談に応じました

福岡県社会保険労務士会が10月17日(土)に福岡県内8か所で、労働、年金の無料相談会を開催しました。


私も、相談員として、JR博多駅前広場のブースで相談者の対応をさせていただきました。ここ数年は、解雇や残業代不払いなどの労働トラブルの相談が多かったのですが、この日は、年金の相談が5割以上を占めました。また、労働相談では、セクハラパワハラの相談があり、社会情勢が垣間見えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山本社会保険労務士事務所IBオフィス

〒812-0011福岡市博多区博多駅前1-15-20-2Fサーブコープ

(旧事務所所在地

〒810-0802福岡市博多区中洲中島町2-3-8Fデータ・マックス内)

 

      電  話 092-419-2535

      ファクス 092-791-1207

(社労士山本弘之専用電話・ファクスです。社会保険労務士には守秘義務が課せられていますので、お寄せいただいた個人情報は、社労士本人、専属秘書、専属スタッフ以外が知ることはありませんので、ご安心ください)

      営業時間 平日 午前9時~午後5時

     (昼休み12時~午後1時。

      土曜日曜・祝日はお休みさせていただきます)

 

Copyright © 山本社会保険労務士事務所IBオフィス All Rights Reserved.

電話か相談専用フォームからお問い合わせください。

電話番号はこちら→
092-419-2535

こちらからメールで相談予約できます→ 相談専用フォーム

2016年

3月

09日

執筆・講演活動

続きを読む

山本社会保険労務士事務所IBオフィス

山本 弘之

福岡県社会保険労務士会会員)

特定社会保険労務士
医療労務コンサルタント

介護労務アドバイザー


一般社団法人日本人事技能協会会員・認定人事コンサルタント

 

建設職人甲子園九州地区理事

 

厚労省委託事業・介護分野雇用管理改善コンサルタント(2016年度)

厚労省委託事業・職務評価コンサルタント(2016年度、2017年度)

厚労省委託事業・多様な正社員・無期転換ルールコンサルタント(2016年度)

福岡労働局最賃総合相談支援センターコーディネーター(2016年度)

 

患者の権利オンブズマン元専務理事
 

※2017年1月~事務所を移転しました。

【新事務所所在地】 

〒812-0011

福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2Fサーブコープ